よくある質問と回答
費用に関する質問

Q:見積り書の金額より高くなることはありますか?

A:契約時に決められた金額以外でご請求することは一切ありません。追加工事をご要望頂いた場合は、別途お見積もりを提出・契約の上、施行致します。

Q:何社かで相見積もりを考えていますが、相見積もりでもいいのでしょうか?

A:もちろん、大丈夫です。私どもとしても、複数の塗装業者(3社程度)から相見積もりを取る事をおすすめします。比べて頂きじっくり検討してから決めて下さい。

Q:高額なものばかり勧められないか心配です。

A:当社では施主様の家の現状にあった手直し、塗装工程、塗料をよく打ち合わせした後で適切なお見積もりを提出させていただいております。相見積もりも大歓迎ですので、お気軽にご相談ください。

Q:見積りを依頼すると、その後断れなくなってしまいそうで不安なのですが。。。

A:診断〜お見積りは全て無料ですし、しつこい営業も行ないませんのでご安心ください。

Q:塗装工事代金の支払い方法はどのようにしたらいいのですか?

A:塗装工事完了後、施主様に見積もりどおりの工事が出来ているかを確認していただいた後ご請求となります。
月々の分割ローンもございますのでお気軽にご相談ください。

Q:見積りの内容がよく分からないのですが。。。

A:弊社の見積もりには、部位別に数量を明記し、仕様を明確に記載させて頂いておりますが、建築用語など分かりにくい表記が混ざる場合もありますので、しっかりとした見積りのご説明をさせて頂いております。

Q:もっと安くならないか?

A:長持ちさせるためには、しっかりとした塗料を使用する必要があります。使う材料の質を下げてしまうと結局早く塗装し直さなければならなくなってしまいますので、逆に高くついてしまう場合もあるのです。それなのことも考慮していただきながら、お客のご予算に応じたご提案をさせていただきます。
塗装に関する質問

Q:塗料の色を選ぶポイントは何ですか?

A:実際に塗りあがってみると、サンプルでみせてもらったものと色が違った。よくあるトラブルのひとつです。
見本帳の場合は周りの色が白く、また面積が狭いため暗く濃く見えるのです。選ぶときはイメージより少し暗めのものを選び、業者からのアドバイスを貰って試し塗りをしてもらうようにしましょう。「こんな色にしてほしい」というイメージの写真などがあれば、我々塗装業者もアドバイスをしやすくなります。

Q:どんな塗料を選べば良いのですか?

塗料とひと言で言えど、塗料メーカーも多数あり、塗料の種類も何千種類とあります。各社グレードが高くなるほど価格が上がっていますが、その分耐候性や質感のアップなどが期待できます。
塗装業者により考え方は違うとは思いますが、私たちがおすすめするポイントは…
01【塗装の対象物を保たせたい期間から選ぶ】
外壁や屋根、門塀や手すり等々、塗装の対象物にもイロイロあり、お客様毎に「何年保てば良い。」というようにご希望もあるはずです。「2〜3年保てば良い」対象物であれば、わざわざ高い塗料を使う必要もありませんし、外壁等「メンテナンスも大変だから、何とか10年は保たせたい!」という物であれば、中間価格の塗料を選ばれると良いかと思います。
02【欲しい機能で選ぶ】
お客様の住環境も様々ですので、「とにかく長持ちさせたい」という方には、耐久性に優れた光触媒塗料。「冷暖房の効率を上げたい」という方には遮熱塗料。等々、塗装に期待する機能で選ぶのもポイントです。
03【発売されて一定期間経過している?かチェック】
あまりに新し過ぎる塗料ですと、JIS規格(国の認証)がなかったり、機能や耐久性が開発実験では立証されていますが、「実際の施行実績が少ない」「施行から一定期間経過していない」等、施行立証できていない塗料もありますので、要チェック。もちろん、そういった塗料はペン益塗装店では推奨しておりません。

Q:塗料会社を決めるポイントは何ですか?

A:施工実績や保証体制が充実していることは勿論、会社の経営内容がしっかりしている事も重要ですので、ホームページや会社資料があればそちらを。無ければ、担当の営業マンにしっかり確認しましょう。

Q:塗装工事の期間はどのくらい?

A:工事内容により変動しますが、30坪程度のお家の外壁と屋根を塗装した場合、1〜2週間程度が工期の目安です。

Q:塗替えに適した季節はありますか?

A:梅雨等の雨期は工期が延びる事があります。冬の寒い時期も塗料の乾くスピードが落ちる為、夏季に比べ若干工期がかかります。また、最高気温が5℃を下回る恐れがある場合は、塗料の性能が発揮されないため、ストップする事があります。
もちろん通年を通して塗装工事は可能ですが、「とにかく早く工事を終わらせたい」方は、1〜2月(年間で一番寒い時期)と7月(梅雨)以外でご検討されては如何でしょうか。
工事に関する質問

Q:お隣に塗料が飛散しませんか?

A:塗料が飛ばないように、養生シートを用いるのは勿論、車両カバー、樹木カバーを状況に応じて取り付けさせていただきます。最大限の配慮はさせていただきます。

Q:工事完了後に気になるところがあった場合は?

A:工事完了後に注意して検査をしていますが、万が一不備な点がありましたら遠慮せずにお申し付けください。早急に対応させていただきます。

Q:ご近所の挨拶はすませておけばいいのですか?

A:工事前に私どもから挨拶をさせていただきますのでご安心ください。

Q:家の前の道が狭いのですが工事するのに問題ありませんか?

A:足場の搬入・搬出に多少お時間をいただくかもしれませんが、塗装工事をするのに特に問題はありません。

Q:雨の日でも塗装工事をするのですか?

A:雨の日は塗装工事はしませんが、少しの雨であれば、足場組や洗浄工事はする事があります。

Q:塗装工事中、シンナー等の臭いは気になりますか?

A:特に気になるようでしたら、水性の塗料をお勧めしますが、雨戸等の鉄部においては溶剤系(シンナー入り)の塗料を使わざるを得ない箇所もございますので、なるべくお客様に御迷惑が掛からないよう対応させて頂きます。また、数時間後にお部屋に臭いが充満する事はほぼありません。

Q:塗装工事中、疑問や要望が出た場合は?

A:特に気になるようでしたら、水性の塗料をお勧めしますが、雨戸等の鉄部においては溶剤系(シンナー入り)の塗料を使わざるを得ない箇所もございますので、なるべくお客様に御迷惑が掛からないよう対応させて頂きます。また、数時間後にお部屋に臭いが充満する事はほぼありません。

Q:工事中は窓を開けることができますか?また洗濯物は干せますか?

A:窓などの塗装箇所以外の場所は、汚れないようにビニールで養生してしまいますので、基本的には開けられませんが、どうしても開けたい場合はご相談下さい。 窓が開けられない期間が最短で済むようにいたします。
また、洗濯物の周囲を塗装する際は干せませんが2日間ぐらいです。その他の期間は干すことができます。併せてご相談下さい。
その他の質問

Q:訪問販売業者がよく来るのですが、本当に塗装工事が必要なのでしょうか?

A:訪問販売業者の中には、少しのヒビやカビ、コケなどを大げさに言ってお客様の不安をあおる業者もおります。もしそのような業者に指摘された箇所が不安になるようでしたら、一度信頼のおける塗装業者に見てもらう事をお勧めします。

Q:工事中留守にしていても大丈夫ですか?

A:屋根・外壁などの外回りの塗装であれば戸締りをしっかりしてお出かけしていただいても特に問題はありません。

Q:休憩中、職人さんにお茶やなどを出したほうがいいのですか?また、トイレは?

A:お茶等は特にお気遣いしていただく必要はございません。トイレに関しましてもお店などをお借りして済ませますので、共にご安心下さい。
ページTOPへ